進撃の巨人 リヴァイとエルヴィンの過去編

この記事は6分で読めます

進撃の巨人 リヴァイとエルヴィンの過去編

 

『目次』

1.エルヴィン・スミスとは?

2.エルヴィンの過去とは?

3.リヴァイとエルヴィンの過去とは?

スポンサーリンク


1.エルヴィン・スミスとは?

 

調査兵団第13代団長。
身長188センチ。
体重92キロ。
誕生日は10月14日。

見た目通り、冷静かつ聡明な性格で、一見穏やかな物腰だが、
その信念はすべて人類の前進のためであり、目的のためなら
仲間の命や自分の命ですら容赦なく切り捨てる覚悟を持っている。

ウォール・シーナの地下街でゴロツキとして名高かったリヴァイを
調査兵団に入団させたり、巨人化能力を危険視されていたエレンを
入団させるなど、状況に応じた柔軟な思考を持っている。

 

巨人化能力を持つエレンに可能性を見いだし、
「エレンなくして人類がこの地上に生息できる将来など
永遠に訪れない」と語っている。

その考えと行動には意味深な部分が多く、目的のためなら
100人の仲間の命をも捨てる覚悟をする非情で冷酷な一面もあるが、
リヴァイをはじめ部下からは、
「考えを理解できずとも付いていく」と深く信頼されている。

 

5年前は団長ではなく、第12代団長キースの部下であった。
巨人が壁を破壊して進攻してくる前、壁外調査から帰還した時に
当時、少年だったエレンと目が合ったが、何の成果も得られずに
帰還してきた調査兵団を羨望のまなざしで見ていたため、
エルヴィンは思わず目を背けてしまった。

生け捕りにした巨人、ソニーとビーンが何者かに殺害された事件から
兵士に紛れ込んだスパイの存在を察知する。

 

 

スパイをあぶりだすために第57回壁外調査で女型の巨人の捕獲作戦を
立てる。

一時は女型の巨人の捕獲に成功するものの、未知の硬化と叫びの
能力によって脱出され、作戦はリヴァイ班はリヴァイ以外全員死亡など
多大な犠牲を出した上に失敗に終わった。

その責任を問われエレンの憲兵団への引き渡しが決定的となったが、
女型の巨人の本体であるアニ・レオンハートをとらえることに
成功し、エレンの処分は凍結となった。

 

エルヴィンは人類の前進のためなら仲間の命どころか自分の
命も捨てることをいとわない人間であり、巨人の正体が
人間であるとわかりかかったことに歓喜の表情を浮かべ、
少し変人じみた性格も明らかになっている。

リヴァイに「気持ち悪い奴め・・・」と言われるが、本人曰く
「子供のころからよくそう言われたよ・・・」と返している。

訓練兵団時代から同期のナイル・ドークにも
「ガキの頃言っていた妄想を今でも信じているせいか?」と
言われたこともあり、エルヴィンの行動原理は子供のころの
影響が大きいとされている。

 

2.エルヴィンの過去

 

エルヴィンの父親は、エルヴィンが育った地域の教員をしており、
エルヴィンもその中の生徒の一人。

ある日人類が壁内に逃げ込んだ歴史の授業をしていた時、
エルヴィンは人類が逃げ込んだ際に、外の世界の文献等が
全く残されていない事に疑問を抱き質問したが、
エルヴィンの父親は教室ではその質問に答えず、
家に帰ってからその質問に答えた。

王政が配布する歴史書には矛盾が多すぎる上に、
仮に文献が残ってなくても壁に入ってきた世代が、
次世代に歴史を語り継ぐことができたはずであり、
完全に口を閉ざして、次世代に外の世界の情報を残さないなど
本来は不可能なことである。

 

仮説だが、壁の中に逃げ込んだ当時の人類は、王が統治しやすいように
記憶を改ざんされたのではないかと・・・

その当時、エルヴィンは子供であり、突拍子もない話であり、
血と親が教室ではなく、あえて自宅で話したことを察することができず、
街の子ども達に父親の仮説を話してしまった。

その時に憲兵団に声をかけらえ詳細を尋ねられた後、
父親は遠く離れた街で事故死したという形で、憲兵団に
殺されてしまっている・・・

 

 

自分のせいで父親を死に追いやってしまったエルヴィンは、
いつしか父親の立てた仮説を証明するために生きていくようになった。

エルヴィンが調査兵団に入ったのも、父親の立てた仮説を
証明する為であり、他の仲間たちが人類のために心臓を捧げ
戦っている中、エルヴィンは自分だけ自分の目的のために
調査兵団で戦い「人類のため」と仲間や自分自身さえもだまして来たと
思っていた。

 

エレンが無知性巨人たちを一時的にあやつったこと、さらに巨人の
正体は人間だとわかったことで、巨人=人を操ることが出来るのでは
ないかという仮説が浮上し、エルヴィンは真相に近づいたと
不敵な笑みを浮かべていた。

エレンの父親が残した地下室に、世界の真相につながる手がかりが
あるのではないかと感じ、エルヴィンは片腕を失いながらも
リヴァイの反対を押し切りウォール・マリア奪還作戦に同行している。

 

エルヴィンの信念は、子どものころに聞いた父親が立てた仮説の
正しさを確認することだった。
エルヴィン自らの失言によって父親を殺してしまったことへの
罪滅ぼしの気持ちもあったでしょう。

しかし、巨人との戦いの中で散っていった兵士たちを思うと、
エルヴィンは自分の夢よりも団長としての役割をまっとうすることを
選ばざるを得なかった・・・

スポンサーリンク


3.リヴァイとエルヴィンの過去とは?

 

巨人が壁内に侵入してくる前の年、844年リヴァイとエルヴィンは
出会った・・・

王都ウォール・シーナの地下街で憲兵団と思われる兵士たちの
立体機動に追われるリヴァイと仲間のフォーランとイザベル。
高度なテクニックを用いて振り切ろうとするも、リヴァイたちは
捕まってしまいます・・・

 

追って来たのはいつもの憲兵団ではなく、調査兵団のエルヴィンと
ミケ達だった。

憲兵に引き渡されて開拓地への重労働に就くか、
調査兵団に入って力を貸すか、取引を迫られた・・・

リヴァイとエルヴィンが初めて会ったその日の数週間前、
当時調査兵団の12代団長であったキース団長とエルヴィン分隊長は
兵団総司令部にいた。

 

長距離索敵陣形の提案書をダリス・ザックレー総統に提案するも、
壁外調査自体の議会の承認が得られなかった・・・

元々反対派の意見もあったが、それをダリス・ザックレー総統が抑えて
壁外調査の採決を通してきたという経緯があった・・・

しかし今回はロヴォフ議員という影響力の大きい人物に反対させているため、
おそらく中止になると予想されていた。

 

 

総司令部から帰路につく馬車の中で、エルヴィンはキースに
ロヴォフ議員のスパイから逆に情報を得ていたことを告げた。

反対派のロヴォフ議員の目的は、憲兵団に物資を納品している
ラング商会と癒着があり、浮いた予算をそちらへ回そうと
考えていたようである。

エルヴィンは調査兵団としてではなく、個人としてロヴォフ議員を
どうにかしますとキースに伝えた。

 

そして5日後、壁外遠征の採決が通ったことをザックレー総統から
知らされた。

さらにエルヴィンが考案した地下街のゴロツキであるリヴァイを
調査兵団に入れるという作戦もザックレー総統から憲兵団に
話しを通してもらう。

ザックレー総統はそんなゴロツキが役に立つとは思えんが・・・
と心配していたが、エルヴィンは調査兵団のベテランをも凌ぐ
実力者がいることを伝えた。

リヴァイはエルヴィンの提案を受け入れ、調査兵団に入団した。

 

しかし、リヴァイたちが調査兵団に入ったのには裏があった・・・

リヴァイたちの住み家にある男が現れ、交渉を持ちかけていた。

この男はロヴォフ議員の手先であり、リヴァイたちが調査兵団に
入ったらエルヴィンの持っている書類を手に入れ、可能なら
エルヴィンも始末してくれ・・・と持ち掛けていた。

報酬は莫大な現金と王都で暮らす権利とのことだった。

 

 

リヴァイたちはさらに裏をかき、依頼に応じるふりをして、
エルヴィンから書類を奪い、今度はそれを自分たちが使って
ロヴォフ議員を脅すことを考えていた。

リヴァイもエルヴィンを殺すことを決意していた。

それぞれの思惑を抱えながら、壁外調査へ出発した。

 

出発してすぐに巨人に遭遇する。

リヴァイは巨人とはじめて戦ったが、仲間と協力して巨人を倒している。

 

そして次の日、テスト運用でエルヴィンが考案した
「長距離索敵陣形」を展開していた。

順調にテスト運用が行われていたが、突然ゲリラ豪雨が
調査兵団を襲う・・・

視界が遮られ、陣形は混乱をきたしてしまう・・・

 

しかし、リヴァイはこれをエルヴィンを殺すチャンスだと思い、
仲間を残し一人で視界が悪い中、エルヴィンのところへ向かった。

途中で探索班の大量の血痕と、無数の巨人の足跡を見つける・・・
そしてその足跡は、残した仲間のいる方へ続いていた・・・

リヴァイは急いで戻るが、リヴァイの仲間であるファーランとイザベルは
巨人に殺されてしまった・・・

 

 

「おいっ、誰か生存者はいるかっ!?」

そこへエルヴィンが現れた。

リヴァイはエルヴィンの馬の足を切って、エルヴィンの首に
刀を突き付けた・・・

エルヴィン「私を殺すつもりか、リヴァイ・・・?」

リヴァイ「ああ、そうだ。俺がここにいるのは・・・
エルヴィン、お前を殺すためだ」

 

エルヴィンはリヴァイのもくろみを知っていた・・・

書類をリヴァイに渡したが、中身は白紙だった・・・

ロヴォフ議員の不正の証拠が手に入らなかったのだった・・・

リヴァイの後ろにはミケ分隊長の刃がリヴァイの首に
突き付けられていた。

 

エルヴィンはリヴァイにどうして仲間と一緒に私を襲わなかったのか
と尋ねた。

リヴァイ「お前の言うとおりだ・・・」
「オレのおごりが・・・俺のクソみてぇなプライドが
あいつらを殺したんだ・・・」

エルヴィン「リヴァイ、お前も来い」

リヴァイ「!?これだけボロボロになっても、まだ抗うつもりなのか?」

エルヴィン「当然だ。それが生き残ったものの義務だからな。
私と一緒に来るのか、それともここから逃げ帰るか、
自分自身で決めろ」

リヴァイ「分かった・・・俺が持っていない何かを、
お前は持っているようだ。
そいつが何か分かるまで、つきあってやる」

 

こうしてエルヴィンとリヴァイは行動を共にするようになった。

 

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。