進撃の巨人 レイス家(フリッツ家)の謎を家系図とともに徹底調査!!

この記事は5分で読めます

進撃の巨人 レイス家(フリッツ家)の謎を家系図とともに徹底調査!!

進撃の巨人には王家のキャラが多く出てきますが、フレッツ家とレイス家があります。

実は名前を変えただけで始まりは一緒です。

王家の謎について徹底調査してみました!!

 

スポンサーリンク




王家の始まり

レイス家とは大地の悪魔から巨人の力を得たユミル・フリッツから始まります。

すべての巨人はユミル・フリッツから分裂したものです。

ユミル・フリッツを始祖として、ダイナ・フリッツ、ジーク・イェーガー、ヒストリア・レイスが属するエルディア人の王家の血を引く一族です。

 

145代目フリッツ王のときにフリッツ家からレイス家と名前を変えたことで、現在はレイス家と名乗っています。

表向きレイス家は、ウォール・シーナに領地を持つ領主となっていますが、その正体は王家の血を引く王族で、壁内最高権力の一族です。

 

 

フリッツ家からレイス家へ

フリッツ家はユミル・フリッツから始祖の巨人を代々継承しています。

ユミル・フリッツの死後、その巨人は9つの巨人に分かれますが、これが知性を持った巨人です。

エレンが持つ進撃の巨人も、この9つの巨人に含まれます。

 

その後、ユミル・フリッツから代々フリッツ王家が始祖の巨人の力を継承していきます。

始祖の巨人はすべての巨人を操ることが出来るので、他の8体の巨人たちの争いを抑えてきました。

 

 

巨人大戦

しかし、九つの巨人のうち七つをマーレに奪われたことで、大陸では巨人の力をつかった巨人大戦が繰り広げられていました。

始祖の巨人の力を持っていたエルディアは、その力を使ってなんとか均衡を保っていましたが、145代目フリッツ王のときにそれを放棄します。

 

パラディ島へ逃亡

145代目フリッツ王は戦うことを放棄し、壁の中に一時の平和を築きあげるという選択をし、パラディ島に逃げるが、ダイナ・フリッツの一族だけ大陸に残ります。

145代目フリッツ王は、始祖の巨人の力を使い、現在のウォール・マリアなどパラディ島で三重の壁を造り、エルディア人を引き連れました。

その際、再び壁外に関心を持たないように人々の記憶を改ざんし、壁外の人類は全滅したとすり替えます。

145代目フリッツ王からフリッツ家ではなく、レイス家と偽名を名乗り引きこもります。

 

また、145代目フリッツ王は、始祖の巨人と不戦の契りを結んでおり、以降フリッツ家が始祖の巨人を継承しても満足にその力をつかうことができないようにしてしまいます。

 

 

不戦の契りとは?

争いを好まなかった145代目フリッツ王は始祖の巨人と不戦の契りを交わします。

そしてこの時に名前をフリッツからレイス王家に変えて、始祖の巨人をレイス家が継承していきます。

これにより始祖の巨人の座標の力を使えるのは王家の人間だけでしたが、王家の人間が座標を使おうとすると145代フリッツ王の不戦の契りによりうまく使えなくなります。

 

 

145代フリッツ王がすべての元凶?

145代フリッツ王または初代レイス王。

100年前にパラディ島に三重の壁を造り、人々の記憶を改ざんし、レイスと名乗った。

いわば進撃の巨人のすべての元凶とも言われています。

記憶の改ざんの影響を受けなかったアッカーマン家や東洋の一族は、現在に至るまで迫害されることになります。

 

また、不戦の契りを交わし、以降始祖の巨人を受け継ぐものは、その力をうまく使いこなすことができなくなります。

始祖の巨人を受け継ぐものは、初代レイス王の思想に縛られることを意味しています。

なぜ、不戦の契りを交わしたのか、真意や目的は不明のままです。

 

スポンサーリンク




レイス家の継承

レイス王(ロッド・レイスの父)は始祖の巨人を継承するも、やはり不戦の契りにより戦えない。

レイス王の息子ウーリ・レイスが始祖の巨人を継承するも、やはり不戦の契りにより戦えない。

 

ロッド・レイス(ヒストリアの父)はウーリ・レイスの兄ですが、ロッド・レイスはグリシャ・イェーガーがレイス家から始祖の巨人を奪った際に現場にいた中で唯一生き残ったレイス家の人間です。

ロッド・レイスは愛人との間に出来たヒストリアに対して、巨人になってエレンを食べるように促しますが、自ら巨人の薬を使い巨人化した後、娘のヒストリアに殺されてしまいます。

 

 

ロッド・レイスとは?

ロッド・レイスにはフリーダ、ウルクリン、ディルク、エーベル、フロリアンの5人の子どもがいます。

ウーリ・レイスから始祖の巨人を継承したのが長女のフリーダです。

 

ヒストリアの父親であり、壁内最高権力者です。

ヒストリアにエレンを捕食させ、始祖の巨人の力を奪還させようともくろむも失敗します。

巨人化薬を経口摂取し、超大型巨人を超える超々大型巨人に変身するも、調査兵団の策で、最終的にはヒストリアによって討伐されてしまいます。

 

 

ウーリ・レイスとは?

ロッド・レイスの兄で、始祖の巨人の力を受け継いでいます。

ケニー・アッカーマンから暗殺を受けるものの、始祖の巨人の力で返り討ちにします。

その後、ケニーを自身の懐刀として受け入れます。

のちにフリーダ・レイスに捕食され、力を受け継がせることになります。

 

 

フリーダ・レイスとは?

ロッド・レイスの娘でウーリ・レイスから始祖の巨人の力を授かった人物です。

進撃の巨人の力を持ったグリシャとの戦いに敗れ、始祖の巨人の力を奪われていまします。

 

 

ヒストリア・レイスとは?

ロッド・レイスの本妻ではなく、妾から生まれた子供です。

ヒストリアの母親が中央憲兵に殺害された際に、ロッド・レイスの一声で遠く離れた地で生かされることになります。

 

104期の訓練兵に志願し、その後調査兵団に入団しました。

クリスタ・レンズという良い子をずっと演じていましたが、本性は親からの愛情を一切注がれなかった空っぽの女の子であることを吐露します。

ロッド・レイス家を討伐後、本物の王家ということで壁内の女王に即位します。

 

 

ダイナ・フリッツ(ダイナ・イェーガー)とは?

145代目フリッツ王が壁内にエルディア人とともに逃亡した際に、大陸に残ったフリッツ家。

ダイナ・フリッツの一族は、代々巨人の秘密を受け継いできており、一族の末裔となったダイナ・フリッツがグリシャが在籍していたエルディア復権派のメンバーに加わります。

グリシャと結婚し、ジークを授かりますが、ジークの密告のせいでエルディア復権活動がマーレ政府にばれてしまい、楽園送りにされ巨人にさせられてしまいます。

 

 

ジーク・イェーガーとは?

グリシャがマーレの戦士に送ったため、獣の巨人の力を得ます。

マーレの戦士長と呼ばれ、始祖の巨人奪還計画をライナーらと進めるものの失敗に終わります。

 

ウーリ同様不戦の契りにより、戦えませんでしたし、普段から感情が抑えられないような場面が多くありました。

ロッド・レイス以外のレイス家はウォールマリアの壁が破られた時に現れ、巨人化したグリシャによって全員殺されてしまいました。

その際にフリーダの継承していた始祖の巨人はグリシャに奪われてしまいます。

 

 

大陸の王家とは?

145代フリッツ王は王家の人間とエルディア人を連れてパラディ島に逃げましたが、ダイナ・フリッツ(グリシャの元妻)の一族だけは大陸に残ります。

大陸で唯一の王家の血を引く人間でした。

 

そこでグリシャとダイナが結ばれた子供を授かります、この子が現在のマーレ戦士の一人ジーク・イェーガーです。

幼いジークは反乱を起こそうとしている父と母であるグリシャとダイナを密告し、両親とも楽園送りにされてしまいます。
(注射を打ってパラディ島で巨人化させられること)

 

 

グリシャとダイナのその後

グリシャはマーレのスパイ「フクロウ」のよって助けられ、進撃の巨人を継承して生き残りますが、ダイナは無垢の巨人にさせられてパラディ島をさまようことになります。

ジークはその後、獣の巨人を継承し、現在は始祖の巨人をエルディアから奪還することを狙っています。

現在生きている王家の人間はヒストリア・レイスとジーク・イェーガーのみということになります。

 

スポンサーリンク




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。