進撃の巨人 調査兵団の謎と生き残りの9人を徹底調査!!

この記事は6分で読めます

 

進撃の巨人 調査兵団の謎と生き残りの9人を徹底調査!!

 

壁外調査を主な活動とし、命をかけて巨人の生態を調査する人類最強の組織。

しかし、当初は多数の兵士が在籍していたのですが、ウォール・マリア奪還に成功したときにはその兵士の人数は9名にまで減ってしまいました。

命を懸けた戦いの全貌を徹底調査しました!!

 

スポンサーリンク




調査兵団とは?

壁の中で暮らす人類国家において唯一、壁外に遠征する兵団です。

人類領域外の調査を主な任務とし、王政府の拡大政策を担っています。

巨人の捕獲及び生態調査も担当するなど、未知の領域に臨む任務が多いため、型破りで変革の気性に富んだ個性的な面々が多いとされています。

 

 

制服は、他の兵団と同様のジャケットの上から緑色のフード付きマントを羽織っています。

その背中に抱く紋章は「自由の翼」と呼ばれています。

 

数々の死闘を経て

壁外に遠征するため、巨人との戦闘機会が最も多く、戦死率は必然的に高い故、いつも慢性的な人材不足に悩まされてます。

第13代団長エルヴィン・スミスが考案した対壁外遠征用の特殊な陣形(長距離索敵陣形)を組むようになってからは生存率が劇的に向上しましたが、それでも毎回3割以上の損害を出し、新兵が初の壁外調査で生還できる確率は5割程度と、非常に過酷なものになっています。

 

 

850年トロスト区奪還作戦までの時点では、総兵員数の約9割が戦死しており、騎馬兵約300名という規模にまで縮小しています。

しかし、リヴァイ兵長を筆頭に調査兵団員の実力は高く、少数で大勢の巨人たちと互角に戦うことが出来るほどの精鋭ぞろいですが、死地をくぐって精鋭となった者以外はみんな死んでしまっています。

かつては成果も乏しかったため、税金の無駄と軽視されていた時期もありましたが、845年ウォール・マリア陥落以降、壁外での活動の必要性が認められるようになってきます。

調査兵団の弱体化

ウドガルド城での戦いやエレン奪還作戦、クーデターを得て調査兵団は大幅に人員を減らし、幹部を含む中堅はほぼ壊滅し、新兵として守られることが多かった104期生が多く残るだけになっていまいました。

そのため他の兵団から兵の入団も受け入れることになり、それなりの数の駐屯兵団員が流れ込んでくるようになっています。

一時期はリヴァイ兵長や一部の104期生除く兵士の実力派駐屯兵団とさほど変わらず、3~4メートル級の巨人に苦戦するまで弱体化していました。

 

 

駐屯兵団の上位メンバー(精鋭部隊)の方がまだ強く、現在は調査兵団=精鋭という公式が成り立たなくなっています。

さらにウォール・マリア奪還後の調査兵団は女王に即位したヒストリアを除き全員で9名にまで減っていましました。

 

調査兵団第13代団長エルヴィン・スミスとは?

身長188センチ、体重92キロと団長にふさわしい体型をしています。

冷静かつ聡明な性格で、一見穏やかな物腰ですが、その行動原理はすべて人類の前進のためであり、目的のためなら仲間の命や自分の命ですら、容赦なく切り捨てる覚悟を持っている人物です。

 

 

かつて王都のゴロツキとして名高かったリヴァイを調査兵団に参加させ、エレンの能力を知った上で、周囲の反対を説得し入団させるなど、状況に応じた柔軟な思考も持っています。

また、巨人化能力を持つエレンに可能性を見いだし、エレンなくして人類がこの地上に生息できる将来など永遠に訪れない・・・と語っています。

壁内の人類の存在のために100人の仲間さえ切り捨てることをいとわないといった非情で冷酷な面を持つ人物ですが、それゆえにリヴァイをはじめ部下たちからは深く信頼されています。

 

調査兵団最強の兵士リヴァイアッカーマンとは?

調査兵団の兵士長。身長160センチ、体重65キロ。

人類最強の兵士と呼ばれ、他兵団からも注目され、その実力は1人で1個旅団並みの戦力を持つと言われています。

単身で瞬く間に15メートル級巨人2体を倒したり、着脱式の刀を投げ巨人の目をつぶすなど高度な技術を誇っています。

 

 

調査兵団に入る前は王都の地下街で暴れるゴロツキでした。

圧倒的な戦闘力から部下からは慕われており、敬意を込めてリヴァイ兵長と呼ばれています。

長らく無法の世界で生きてきたことから、その性格は冷徹かつ無愛想。

 

一貫して現実主義的で口調も厳しいが、エルヴィンの命令をはじめ、取り決められた規律、序列は守る。

その一方で、情に囚われぬ感覚を持ち合わせており、盲従に甘んじることはありません。

局面によっては極端な手段も辞さず、常に的確に現状を把握して行動でき、バランスの取れた思考を持っている。

 

リヴァイ自身の経験から虚無と理想相半ばする人間観を持っており、基本的に相手の意志と決断を尊重する主義です。

 

スポンサーリンク




調査兵団の生き残りは9人のみ

調査兵団員はウォール・マリアを奪還する際に、獣の巨人らとの戦いでほとんどの団員が死んでしまいました。

生き残りの9人をまとめてみます。

 

・ハンジ・ゾエ

元第4分隊長。エルヴィンが死亡したことで、調査兵団団長になります。

 

・リヴァイ・アッカーマン

調査兵団の兵士長。人類最強の兵士。

獣の巨人との戦いで絶体絶命のピンチに追い込まれますが、迫りくる数十の大型巨人をすべて駆逐する。

 

・エレン・イェーガー

巨人化の能力を発揮し、硬質化能力でウォール・マリアの奪還に成功しています。

巨人を操ることができる始祖の巨人の力を持っているため、人類の希望と言われています。

 

・ミカサ・アッカーマン

リヴァイ兵長と同じ、アッカーマンの姓を持っています。

アッカーマン一族は力を覚醒させる能力を持っており、リヴァイ同様人間離れした身体能力を持っています。

 

・アルミン・アルレルト

ウォール・マリア奪還作戦のときに超大型巨人との交戦で死にかけたが、ベルトルトを捕食することで復活しています。

超大型巨人の能力を得てよみがえる。

 

・ジャン・キルシュタイン

エレンと同期の104期生。エレンらとともに調査兵団に入団している。

リヴァイ班に加入した後、数々の死地を乗り越えてきた。

 

・コニー・スプリンガー

エレンと同期の104期生。

リヴァイ班に選ばれた後、ウォール・マリア奪還作戦を乗り越える。

 

・サシャ・ブラウン

エレンと同期の104期生。

リヴァイ班に選ばれ、ウォール・マリア奪還作戦で重傷を負うも生きている。

 

・フロック

エレンと同期の104期生。

駐屯兵団に入団するも、ウォール・マリア奪還作戦の前に調査兵団に入団します。

ウォール・マリア奪還作戦で獣の巨人に特攻する部隊の中の唯一の生き残り兵士。

重傷を負い、ひん死になったエルヴィンをリヴァイの元に連れていった人物。

 

 

フロックって誰?

フロックは第104期訓練兵団を卒業後、駐屯兵団に入団しましたが、ウォール・マリア奪還作戦直前に調査兵団へ編入しました。

名前が無いことからモブと呼ばれていましたが、最近名前が判明しました。

調査兵団はウォール・マリア奪還作戦の兵員を補うために、駐屯兵団へ募集をかけていました。

フロックは104期訓練兵卒です。

 

ジャンとフロック

ジャン「はしゃいでんのは実戦経験のない編入の連中だけだ」とからかう。

フロック「そんなに駐屯兵団くずれは頼りにならねぇかよ、お前らと同じ104期だろ?」

ジャン「何で調査兵なんかになったんだ?」

フロック「ウォール・マリア奪還は目の前だ、兵士よ集えって、調査兵から兵員不足で募集をかけてきたんだろ、編入の新兵だけでなく、世間全体が浮かれている」

フロック「面構えっていうか・・・お前ら本当に変わったよな、一体何があったんだ?」と不思議がります。

 

 

ウォール・マリア最終奪還作戦

駐屯兵団から調査兵団へ編入したフロックは、ウォール・マリア最終奪還作戦に参加しました。

故郷組が待ち構えている決戦の地、シガンシナ区にやってきます。

しかし敵の故郷組が一斉に巨人化します。

 

フロックら新兵とエルヴィン、リヴァイを含むベテラン兵士はウォール・マリア内門側で獣の巨人の相手をしています。

そこへ獣の巨人が投石攻撃を開始します。

エルヴィンとリヴァイ以外のベテラン兵士は全滅し、新兵らは大パニックに陥ります。

フロックは腰を抜かしてしゃがみこんでしまいます。

 

 

リヴァイ「オイ立て!!」

「死にてぇか!?」

フロックを立たせようとするリヴァイ兵長。

 

フロック大パニック

守るべき馬を逃してしまったことをマルロに非難されるフロック。

しかし、フロックは誰も生きて帰れないんだから馬を守ったって意味ないと大泣きしてパニックに陥ってしまいます。

 

 

調査兵団の兵士勧誘の時、誰がを犠牲者にさせないために自分を犠牲にできる勇敢な兵士は誰だと聞かれた時、それは俺だと思ったが、獣の巨人の投石攻撃による惨状を目の当たりにして無意味に死ぬ人が圧倒的に多いはずなのに自分だけは特別だと思ったことを後悔します。

 

特攻作戦

エルヴィン団長から新兵に獣の巨人への特攻作戦を告げられます。

フロック「俺達は今から死ぬんですか?・・・どうせ死ぬなら最後に戦って死ねということですか?いや、どうせ死ぬなら・・・どうやって死のうと命令に背いて死のうと・・・意味なんか無いですよね・・・?」

 

 

馬に乗って信煙弾を撃ちながら獣の巨人へ特攻するフロックたち・・・

フロックはマルロの左側にいました。

しかし、新兵たちは一斉に獣の巨人の投石攻撃にやられてしまいます。

 

唯一生き残った新兵

獣の巨人が投げた石で無残に切り裂かれた新兵の遺体の中で起き上がる新兵。

無傷で生き残った新兵はフロックだった。

後ろには、残りの巨人と一人で戦うリヴァイ兵長。

 

 

フロックは、他に生き残りがいないか探します。

フロックは倒れたエルヴィンを発見します。

エルヴィンの左横腹の内臓がひどくえぐれて出血が止まらないものの、まだ息をしています。

フロックは一旦はエルヴィンにとどめを刺してやろうとしましたが、思いとどまります。

 

エルヴィンにはまだ地獄が必要だ、巨人を滅ぼすことができるのは悪魔だ、悪魔を再び蘇らせるのが生き残った自分の使命だ。

フロックはエルヴィンを巨人化の注射を管理するリヴァイの元まで運んでいくという選択をします。

 

スポンサーリンク




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。