進撃の巨人 グリシャの正体の謎を徹底調査!!

この記事は4分で読めます

 

進撃の巨人 グリシャの正体の謎を徹底調査!!

 

グリシャ・イェーガーはエレン・イェーガーの父親で、シガンシナ区では名医として知られています。

そしてグリシャ・イェーガーは巨人化能力を有しており、レイス家を皆殺しにしています。

しかし、何が目的でそうしたのかは判明しておらず、第1話から登場しているにも関わらず謎の多い人物と言えます。

そんな謎の多いグリシャ・イェーガーについて徹底調査しました!!

 

スポンサーリンク




グリシャ・イェーガーとは?

身長182センチ、体重78キロ。

グリシャは医者で、原因不明の流行り病から住民を救ったとされており、街の恩人として尊敬されている人物です。

シガンシナ区にあるグリシャしか入れない地下室には、壁や巨人の謎を解く真実があるとされています。

 

グリシャは、第1話から登場しており、医者だけあり一般の人とは違う物事の考え方をしています。

エレンが調査兵団に入りたいと思っていることを、エレンの母親カルラは知り、猛然と反対します。

それを見たグリシャは、エレンになぜ調査兵団に入りたいのか聞きました。

エレンは「一生壁の中で過ごすなんて嫌だ!!」「今までに死んだ人たちの命が無駄になる!」と答えます。

 

 

それを聞いたグリシャはカルラに「人間の探求心とは誰かに抑えられて、抑えられるものではない」と語り、エレンに「帰ったら・・・ずっと秘密にしていた地下室を・・・見せてやろう」と言いました。

第1話から存在が明らかになっている地下室・・・

ここは一体どのような場所なのか?

ここには一体何があるのか?

第1話から、とんでもない謎を問いかけてきます。

 

その後グリシャは診療のために「2つ上の町に診療だ」と言って出かけて行きました。

しかしこの時、レイス家を襲いに行っていたのです。

 

 

グリシャの過去

マーレのエルディア人収容所、レベリオ収容区で生まれ育ったグリシャは18になった頃、診療所に尋ねてきたグライスに誘われてエルディア復権派に加わります。

しかし、ダイナと息子ジークに密告されたため、エルディア復権派メンバーは全員、楽園と呼ばれるパラディ島に送られることになってしまいます。

グリシャはマーレの兵士から指を切断されるなどの拷問を受け、エルディア復権派の活動について知っていることをすべて話してしまいます。

 

 

楽園送り

グリシャは、パラディ島の海沿いにある壁の上に連れてこられます。

グリシャの隣に連れてこられたグライスはグリシャに暴言を吐き捨てた後、グロス曹長に人間のまま突き落とされます。

 

グリシャはエルディア復権派の同志が次々に無知性巨人にされる姿を見て悲しみます。

巨人は人間が作り上げていたのです。

グリシャは最後の一人になり、ついにグロス曹長に壁から突き落とされそうになるところをエレン・クルーガーに助けられます。

 

 

進撃の巨人継承者

グリシャはエレン・クルーガーを捕食し、9つの巨人のひとつ進撃の巨人を継承します。

しかし、9つの巨人を継承したグリシャの余命は13年になってしまいます。

 

 

三重の壁の中での生活

グリシャは、シガンシナ区のウォール・マリアの壁門のそばでうろついているところを12代調査兵団キース・シャーディスに発見されます。

グリシャは名前と医師であること以外、記憶を失ってしまいます。

 

グリシャは三重の壁の中で、医師として生計を立て暮らし始めます。

カルラと結婚し、エレンを授かります。

ミカサ・アッカーマンの両親の死亡後、ミカサを養子に迎え入れます。

 

スポンサーリンク




地下室の秘密とは?

この後、エレンが調査兵団に入りたがっていることを、母カルラが止め、グリシャにも説得してくれと頼んだとき、グリシャは「人間の探求心とは誰かに言われて抑えられるものではないよ」と答え、「帰ったらずっと秘密にしていた地下室を見せてやろう」とエレンに言いました。

このことから地下室にはエレンの好奇心を満たすもの、つまり外の世界がどうなっているのかがわかるものがある、と推測できます。

 

 

また、ミカサとアルミンを守るために巨人化する際に「お前はウォール・マリアを奪還して地下室にたどり着かねばならない・・・」「いつか地下室に行けば真実がわかる」とグリシャから言われた言葉の記憶がよみがえります。

つまり、グリシャの地下室には外の世界の真実があるということをうかがうことができます。

 

グリシャは壁内側の人間なのでしょうか?

それとも壁外側の人間なのでしょうか?

第1話において「2つ上の町に診療だ」と言ってレイス家を襲いに行った日に、超大型巨人、鎧の巨人による襲撃があったのは偶然だったのでしょうか?

超大型巨人たちによる襲撃があるとわかっていて、座標を奪いに行ったのであれば、ライナー、ベルトルトたちの動きを知っていたことになります。

しかし、ライナーたちに座標を奪われる前にレイス家を襲い、先に座標を奪いに行ったことを見ると、ライナー達とは敵対しているようにも見えます。

 

 

グリシャの手記

グリシャは自宅の地下室に3冊の手記を残します。

グリシャはその本に、幼いころからクルーガー(フクロウ)に導かれたエルディア復権派の活動記録や、エルディア人、知性巨人の起源などについて書き留めます。

グリシャの本は、後のウォール・マリア奪還作戦でエレン、リヴァイ、ハンジ、ミカサに回収されます。

 

 

レイス家襲撃

ウォール・マリア陥落後、グリシャは礼拝堂で祈りを捧げるレイス家を襲撃します。

グリシャは巨人化し、巨人化したフリーダ・レイスを捕食し始祖の巨人の座標を奪った後、ロッド・レイスを除くレイス家の人々を次々に惨殺します。

 

レイス家を惨殺した後、グリシャは森にエレンを連れ出し、地下室の鍵をエレンの手に巻き付けた後、注射を打ってエレンを巨人化させグリシャ自身を捕食させます。

始祖の巨人と進撃の巨人はエレンが継承しています。

 

 

グリシャの目的とは?

グリシャの目的の最も大きな謎はレイス家襲撃です。

なぜグリシャはレイス家を襲撃したのか?

 

巨人襲撃と調査兵団壁外調査とグリシャのレイス家皆殺しが同じタイミングで起きています。

これは単なる偶然なのでしょうか・・・?

グリシャがウォール・シーナに診療に行くと言っている時点で、この日に巨人が襲撃してくることを知っていたとしたら・・・

 

つまり、第1話時点でグリシャは、レイス家を襲撃することを決めていたと推測することができます。

レイス家に行き、巨人の力を手に入れてから、帰ってきて地下室を見せて、巨人化能力から壁の外の世界の真相を教えてあげようとしていたのではないでしょうか?

グリシャは地下室でエレンにレイス家の巨人の力を継承させるつもりだったのではないでしょうか?

 

スポンサーリンク




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。