進撃の巨人 不戦の契りの意味と謎を徹底調査!!

この記事は4分で読めます

 

進撃の巨人 不戦の契りの意味と謎を徹底調査!!

 

進撃の巨人の145代目フリッツ王(初代レイス王)は、始祖ユミル・フリッツからフリッツ王家で代々継承されてきた「九つの巨人」の一つ「始祖の巨人」を継承した時、大陸からパラディ島に逃げ三重の壁を造り、人々の記憶を改ざんし、レイスと名乗り閉じこもってしまいました。

争いを否定した145代目フリッツ王(初代レイス王)は始祖の巨人と不戦の契りを交わします。

不戦の契りの意味と謎を徹底調査しました!!

 

スポンサーリンク




不戦の契りとは?

不戦の契りは、145代目フリッツ王が立てたものです。

フリッツ王は壁内の王です。

現在女王として即位しているヒストリア・レイスの遠い先祖にあたります。

145代目フリッツ王(初代レイス王)の末裔の生き残りはヒストリア・レイス、親族はジーク・イェーガーやダイナ・フリッツです。

 

 

不戦の契りとは、始祖の巨人の力を使えなくするための契約です。

不戦の契りは端的に言うと、座標の力を使えないようにするという効力を持つ契約です。

座標は、進撃の巨人の中で度々登場していますが、巨人を操る力のことです。

過去にエレンが一度無知性巨人の集団を操ったことがありますが、それこそが座標の力になります。

 

 

 

大地の悪魔との契約

始祖の巨人の力は、ユミル・フリッツという女性が大地の悪魔との契約を結ぶことで得た力で、これが巨人の起源になります。

自らが巨人になることができるのはもちろん、すべての巨人を座標の力で操ることができる能力をもっています。

 

座標の力を使うには?

不戦の契りは145代目フリッツ王が、その力を使えなくするために立てたものです。

座標の力を使うには、とある条件を満たさないといけません。

その条件というのが、「王家の血を引く者が始祖の巨人の力を継承する」というものです。

 

 

座標の力を使うことが出来るのは、「始祖の巨人」という最強の巨人です。

始祖の巨人こそが、座標の力を使い、すべての巨人を操ることができるのですが、誰が継承しても座標の力をつかうことができるわけではありません。

「王家の血を引く者」が継承しないと力を使うことができません。

 

なので、現在エレンが始祖の巨人の力を継承していますが、完全には座標の力を扱うことはできていません。

145代目フリッツ王が不戦の契りを立てたことで、例え王家の人間が始祖の巨人の力を継承しても座標を使うことができないようになってしまいました。

王家の人間が始祖の巨人を継承した場合、145代目フリッツ王の思想に捕らわれ、自殺するように仕向けられる・・・というのが不戦の契りの内容です。

 

 

ユミル・フリッツの死後、始祖の巨人の力はエルディア国の王家であるフリッツ家に引き継がれることになります。

ユミル・フリッツの死後、後に鎧の巨人や超大型巨人として登場する九つの巨人にその力を分けますが、エルディア国はその力を使い、エルディア国を繁栄させ、他国を翻弄します。

巨人の力を存分に使い、大陸の支配者になっていきます。

 

スポンサーリンク




大陸の覇者エルディア国

こうしてエルディア国は大陸の支配者となったのですが、マーレ国の内部工作に遭い、エルディア国は九つの巨人のうち七つをマーレ国に奪われてしまいます。

それでも始祖の巨人の力のおかげで何とか均衡を保っていましたが、145代目フリッツ王が即位すると、戦争を放棄します。

大陸を離れ、王家とユミルの民(エルディア人)を引き連れて、パラディ島という離れた島に逃亡します。

しかし、この時ダイナ・フリッツの一族だけが大陸に残ります。

 

 

もうこれ以上戦いたくない

ここで145代目フリッツ王は、不戦の契りを立てることにしたのです。

もう、これ以上戦いたくないという思惑があったと思われます。

次の代のフリッツ王が座標の力を使ってしまったら、座標を使って再び戦いに出るという選択肢を取られてしまう可能性があるので、それを避けるために立てたと思われます。

 

そして、始祖の巨人の力を使い、数千万体もの超大型巨人を操り、ウォール・ローゼ、ウォール・シーナ・ウォール・マリアの三重の壁を築き、そこに楽園を作っていきます。

これが今の進撃の巨人の舞台です。

 

 

記憶の改ざん

ユミルの民を三重の壁に閉じ込めた後、145代目フリッツ王は始祖の巨人の力を使い、人々の記憶を改ざんし、壁の外の世界のことや、三重の壁に入る前の記憶を消し、壁外の人類は全滅したのだと刷り込みます、

145代目フリッツ王は記憶を改ざんすることによって人類が壁の中(楽園)で平和に暮らすことを願ったのです。

しかし、このときアッカーマン一族や東洋の一族は、145代目フリッツ王による記憶改ざんの影響を受けなかったのです。

 

 

北欧神話にも同じ契りがある?

進撃の巨人と関係が深いとされている北欧神話にも契り、契約に関することが書かれています。

神々と巨人族がお互いに和解し、誓いを交わしたというものです。

 

しかし、神々の壊れた城壁を直すべく、石工(石の職人)が呼ばれます。

石工は城を直す代わりに、月と太陽と美女の女神フレイヤを要求しています。

しかし、結局ロキの助言により石工は苦戦を強いられます。

 

 

そして、焦った石工は巨人の姿を現し、トールによって打倒されます。

これにより、神々は誓いを破ったと巨人族は怒ることになります。

これが原因のひとつで、どちらかの種族が滅ぶまで戦争をすることになり、ラグナロクへの終焉へと向かうことになります。

 

不戦の契りの本当の正体とは?

不戦の契りの本当の正体は戦えないとか、始祖の巨人の力が使えないというよりも、別の種族が戦うことで世界が終焉へと向かうことのなるため、壁外への侵攻は危険であるということだと推測されます。

 

 

ダイバー家と不戦の契り

壁の王は戦わないという理由として不戦の契りを説明したクルーガーですが、それでも不戦の契りが何なのかはわからないと述べています。

不戦の契りという言葉は第145代フリッツ王が壁の門を閉ざす際に大陸の王家に言い残したとされており、大陸に残った王家残党の革命軍を父に持つクルーガーがその情報を知っていることがわかります。

しかし、その言葉を巨人大戦にて最初に反旗を翻したダイバー家が、なぜ知っていたのでしょうか・・・?

 

 

その理由として、不戦の契りとダイバー家はつながっていると考えられており、第145代フリッツ王が不戦の契りを交わした相手はダイバー家だという推測もあります。

それならば知っていて当たり前という推測ができます。

そしてダイバー家は自分が王家になろうと企んでいるのかもしれません・・・

 

スポンサーリンク




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。