進撃の巨人 北欧神話とハンジの謎について徹底調査!!

この記事は5分で読めます

 

進撃の巨人 北欧神話とハンジの謎について徹底調査!!

男なのか女なのか不明であると、一時期話題になったハンジさん。

今では女性だと認識されているようです。

そんな謎の多いハンジ・ゾエについて、また北欧神話との関係について徹底調査しました!!

 

スポンサーリンク




ハンジ・ゾエのプロフィール

かつては仲間を殺された憎しみを糧に巨人と戦っていましたが、ある時切り落とした3メートル級の巨人の頭を蹴飛ばしたときに見た目に比べ異常に軽かったことに気付き、見えているものと本質は別なのではないかと思い至るようになります。

それ以来、今までとは違う視点とやり方で巨人と戦う道を選びました。

このため、自分が担当する巨人の生態調査任務については並外れた意欲で臨み、しばしば常軌を逸することもあります。

変人であると認識されていますが、一般的なモラルや調査兵団の誇り高き戦士としての自覚はあり、調査兵団が多くの犠牲を出して究明しようとしていた謎の一端をウォール教が隠していたことを知った時には、誰よりも激怒しました。

 

 

ハンジの巨人に対する思い

巨人の正体が人間であったことを知った時には深く落ち込み、拷問にかけたサネスから汚れ役の運命を告げられた際にはやるせなさに苛立ちを隠せなかった・・・

巨人に異常なまでの熱意と執着を示し、話し始めると不眠不休で延々と話し続けるため、調査兵団の間では巨人の実験についてはハンジに質問しないようにという暗黙の了解が出来上がっています。

エレンはそれを知らずに夜通し巨人の話を聞かされる羽目になっています。

 

イルゼが遭遇した巨人については、何かしらの推測をしている様子です。

巨人の捕獲は過去に5回行っていますが、リヴァイ兵長の発言からすると、過去に捕獲した巨人はハンジが研究でいじくりまわした結果、死なせてしまったとのことです・・・

 

 

壁の謎とは?

ウォール・ローゼが突破され巨人たちに侵入された際に、ニック司祭やエレンたちと共にエルミハ区に移動し、女型の巨人の皮膚の破片と壁の材質が同じであることを発見しています。

巨人化したエレンが硬化能力を発揮することで、壁の穴を防げるのではと仮説を立て、それを実行するために部隊を編成し、壁を見渡せる場所としてウルガルド城跡へ向かい、そこで巨人と交戦中だったユミルと104期生を救出しています。

 

 

鎧の巨人と超大型巨人の出現

 

ウォール・ローゼに登り、クリスタからユミルの事情を聴いた後、再び壁の修復作戦に移るも、ハンネスから穴がないと報告を受けます。

仕方なくトロスト区の戻り待機しようとしてきたとき突然、鎧の巨人と超大型巨人が姿を現します。

アニの身辺調査の結果からライナーとベルトルトに疑惑を持っていたため、すぐに攻撃を開始するも超大型巨人の超高熱の蒸気と風圧を受けて重傷を負ってしまいます。

エルヴィン達が到着した際、彼らの行動を推測して巨大樹の森へ向かうことを提案し、そのまま戦線を離脱しています。

 

 

ウォール教の謎とは?

ハンジ復帰後、匿っていたニック司祭が中央第一憲兵によって殺されたことに強いショックと危機意識を持ち、リヴァイ兵長たちと共に王政府の謀略に対抗すべく、行動を起こします。

リヴァイ兵長と共に捕らえたサネスを拷問にかけ、王政府とレイス家の情報を知った直後、エレンがライナーとベルトルトに捕らわれていたときに聞いた会話を書き留めたメモを受け取ったことで作戦続行に危惧を抱きます。

急いでエルヴィン団長に報告しますが、作戦続行の意向と共に次期調査兵団団長の任を託されます。

 

 

しかし、調査兵団にかけられたリーブス会長殺人事件容疑のためエルヴィン団長は拘束され、所属団員も実質上お尋ね者扱いになり、苦境に立たされる中、逃亡中のリーブス会長の息子フレーゲル・リーブスと出会います。

調査兵団にかけられた容疑を流布するベルク新聞社に潜入した際、王政からの圧力に苦悩する小市民のさまを見て同情し、彼らに取材を依頼し、フレーゲルの窮地で中央憲兵団の謀略や彼らがストヘス区を廃墟と断じて、そこになおも暮らす住民たちのことを何も考えていない実体を目のあたりにさせ、フレーゲルを救出してリーブス商会の後継者に成長させた様を見せつけたことで信頼と協力を勝ち取っています。

その結果、ハンジ達の情報工作がピクシス・ザックレーのクーデターを成功させ、正当化することに一役買うことになりました。

 

 

危機の最中でも調査の手を緩めず、真の王家であるレイス家の領地での探索情報をもとにエレンとヒストリアの居場所が礼拝堂であることを突き止めています。

しかし、地下空洞で対人制圧部隊と交戦中に、トラウテにアンカーを肩に撃たれて重傷を負ってしまい、一時戦線を離脱します。

 

スポンサーリンク




ウォール・マリア最終奪還作戦

シガンシナ区内で鎧の巨人と交戦し、雷槍を用いて鎧の巨人を一時戦闘不能に追い込みますが、ベルトルトの巨人化による爆風で、部隊がエレンたちを除き、壊滅してしまいます。

しかし、ハンジ自身は巨人化する直前にモブリットによって井戸に落とされたため難を逃れ、再び鎧の巨人と交戦しているミカサ達のもとに現れ、顎に雷槍を当てて、ライナーを引きずり出す援護を果たします。

ライナーからユミルの手紙を受け取った際、感情的になりライナーを殺そうとしましたが、逃してしまいます。

 

 

巨人化薬

ひん死のアルミンとエルヴィン団長のどちらに巨人化薬を打つかでエレンたちが対立した際、リヴァイ兵長同様にエルヴィン団長を支持し、巨人化薬を奪おうとするミカサを必死に抑えてエルヴィン団長の必要性を説いています。

しかし、直前でリヴァイ兵長が翻意して巨人化薬はアルミンに打たれることになります。

その後、エルヴィン団長が息を引き取ったため調査兵団団長を引き継ぎ、巨人化能力を得て、動揺するアルミンに腹をくくるしかないと諭しています。

 

 

ハンジの左目が大変なことに!

ウォール・マリア最終奪還作戦シガンシナ区側、ベルトルト巨人化の際に爆風に巻き込まれたハンジが生還して、ミカサ、ジャン、サシャ、コニー対鎧の巨人に加勢した際に、ハンジは左目と左半身に重傷を負ってしまいます。

サシャも鎧の巨人に重傷を負わされ、コニーはサシャを看病します。

そして、鎧の巨人の口が開いていないまま、雷槍で突っ込もうとするミカサをコニーが無茶だと止めたとき、後ろに人影が・・・

「イヤ、よくやった!!」

その声の正体は雷槍を装備したハンジだったのです。

 

 

ハンジ復活&登場に驚くコニー。

この時、ハンジの左腕が隠れていて状態がわかりません。

ハンジは、鎧の巨人の口に雷槍を突っ込みます。

 

ハンジの左目と左足と左腕

鎧の巨人に雷槍をぶちかましたハンジ。

頭から流血し、左目は閉じた状態で痛々しいです。

この時も左腕の描写が無く、状態がわかりません。

左脚は負傷してなさそうです。

しかし、とにかく血の量が多いので、左半身に重傷を負っている様子です。

 

 

ハンジはミカサ、ジャン、サシャ、コニーのピンチにかっこよく登場したハンジ。

モブリットに守ってもらったおかげで無事生きていたのです。

大量に流血しているにも関わらず、立体機動ですっ飛んできて、雷槍で鎧の巨人の顎を吹き飛ばすほどピンピンしています。

 

しかし気になるのが、左目は閉じたままで左腕の描写がないことです。

ハンジの左目は失明していて、左腕はかなり重症もしくは不随なのかもしれないです。

この後、ハンジの左半身は無事だと判明しましたが、左目はまだ包帯を巻いている状態です。

 

 

ハンジの左目のその後

ハンジら調査兵団は鎧の巨人、超大型巨人、獣の巨人らを倒してトロスト区に帰還しました。

ハンジが左目を負傷したウォール・マリア奪還作戦から1年近く経った時に行われた楽園送りの地である海辺への調査の時にも、ハンジの左目にはバンドが巻かれていて治っていません。

一年近く経ってもバンドを付けているので、ハンジの左目は本当に回復しないまま、失明したのではないかとうわさされています。

 

 

ハンジは北欧神話のオーディン

古代チュートン族の神。

元々は嵐の神であったが、後に軍神、農耕神、死者の神とされています。

北欧の古語で激昂する者を意味し、兄弟とともに世界を創造した神であり、多くの神々の父であり、また神々の支配者、アース神族の主神です。

 

 

オーディンは魔術の達人であり、また詩文の神でもあります。

すべての吟遊詩人は彼の庇護下にあると言われています。

特に知識に対して非常に貪欲な神であり、巨人族の賢者ミーミルが所有する「知識の泉」の水を飲んで叡智を得るために、自らの右目を担保にしたり、ルーン文字を考案するために世界樹ユグドラシルの枝に縄を結んで首を括ったりと、自らの命を代償に差し出すことすらいとわなかったと伝えられています。

また、グングニルという標的を決して外さない魔法の槍を携えています。

まさにハンジそのものですね!!

 

スポンサーリンク




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。