進撃の巨人 北欧神話とリヴァイの関係の謎を徹底調査!!

この記事は4分で読めます

 

進撃の巨人 北欧神話とリヴァイの関係の謎を徹底調査!!

進撃の巨人の作者は、北欧神話にインスパイアされたと公言しています。

北欧神話とは、簡単に言えば神々の闘いと巨人との戦いの日々の話です。

そんな北欧神話とリヴァイ兵長との関係の謎を徹底調査しました!!

 

スポンサーリンク




北欧神話とは?

北欧神話はまず、何もない空間から始まります。

何もない空間から火と氷がぶつかって、巨人ユミルと雌牛アウズンブラが生まれます。

巨人ユミルの足からは息子が生れ、わきからは一組の男女が生まれます。

ユミルが生み出した3人は巨人だったのです。

 

 

雌牛が舐めた岩塩から、ブーリという最初の神が生まれます。

このブーリと巨人ユミルから生まれた誰かの間にボルという息子が生れ、そのボルと巨人の間に生まれたのがオーディンです。

この時、巨人ユミルは巨人族の王で、巨人族は乱暴者でオーディン達、神々と対立します。

対立の中、オーディンは巨人ユミルを殺してしまいます。

 

 

そして、オーディンは巨人ユミルの血で巨人達を溺死させます。

またあ、オーディンは巨人ユミルの身体から大地を、血から海、川、湖を、骨と歯からは岩石と山を、頭がい骨からは天空を、脳からは雲を、髪からは草花を作り出しました。

さらに、オーディンは2本の木の幹を2人の人間に変え、2人のための国「ミズガルズ」を作り、巨人のまつ毛からは「ミズガルズ」をまあ盛る防壁を作りました。

 

ご覧の通り、進撃の巨人と北欧神話は多くの共通点があります。

巨人に壁にユミルなど・・・

 

 

終末戦争ラグナロクとは?

北欧神話のすべての話は、終末戦争ラグナロクへと続いていきます。

終末戦争ラグナロクとは、ある時フィンブルヴェトと呼ばれる厳しい冬が訪れます。

夏が3度訪れることがなく、冬が続く現象の中、人心は荒廃し、戦乱が勃発し、生物は死に絶えます。

 

そして、光の神バルドルの死をきっかけに、神々と巨人との間に最終戦争が巻き起こります。

この終末戦争でオーディンをはじめ、ほとんどの神も巨人も死に絶えてしまいます。

世界は海中に沈み、戦いが終わった後、わずかに残った神々が新しい世界を作ります。

 

 

進撃の巨人では壁の中で王政と兵団による戦いが起こり、混乱を極めています。

今後、人間と巨人の最終戦争が始まり、人間も巨人もほとんどが死に絶え、わずかに残った人間によって新しい世界が作られるというストーリーも考えられます。

 

スポンサーリンク




リヴァイ兵長のプロフィール

調査兵団の兵士長で、人類最強の兵士と讃えられる人物。

身長160センチ、体重65キロ、誕生日は12月25日。

リヴァイ兵長の戦力は一人で一個旅団(約4000人程度)並と言われており、一瞬で巨人を2体倒し、女型の巨人が身体の一部を硬化する再生速度を上回る速さで切り刻むことができます。

 

 

刈り上げ頭と三白眼が特徴で、常に人を威圧するような冷徹な雰囲気を持っています。

制服の下は、首元に白いクラバットを巻いた襟付きのブラウスといった貴族のような服装をしています。

かつては、王都の地下街で有名なゴロツキであり、調査兵団団長のエルヴィン・スミスに下る形で調査兵団に入団しています。

 

リヴァイ兵長の性格

性格は無愛想で冷静ですが粗暴。

ゴロツキ時代の名残からか下品な言葉使いも多い。

 

 

しかし、大掃除をしたり、戦闘中ですら巨人の返り血をぬぐうほどの潔癖症です。

一方で人の上に立つ者として相応しく仲間思いであり、部下の死に際には血に濡れるのも構わず相手の手を取り、巨人を絶滅させると誓う姿も見せています。

ウォール・ローゼ南部のトロスト区奪還作戦の際、エレン・イェーガーの窮地を救い、その際に目の当たりにしたエレンの能力を買って、エレンを監視するという名目のもと、リヴァイ班に引き入れています。

 

リヴァイ兵長のモデルは「ウォッチメン」に登場するロール・シャッハ。

 

 

ロール・シャッハとは?

ロール・シャッハとは、アメリカンコミック「ウォッチメン」の登場人物。

物語の冒頭で死亡するコメディアン(エドワード・モーガン・ブレイク)の死の真相を調査している。

探偵であり、主人公的存在。

本名はウォルター・ジョゼフ・コバックス。

1940年生まれ。

 

 

ヒーローの自警活動を禁止するキーン条例が制定された後も、条例を無視して非合法に悪と戦い続けているクライムファイター。

トレントコートと、模様が流動する白黒の覆面がトレードマークです。

 

その性格は、非情かつ暴力的で、手段を選ばず、絶対に妥協しない。

ヒーローとはいえ超能力のたぐいは持ち合わせていないが、軍の秘密基地に侵入する程度のスキルは備えており、そこらへんの犯罪者程度ならば簡単に叩きのめしてしまうくらい強い。

追い詰められたときには、その場にあったスプレーで火炎を放射するなど、とっさの判断力も高いです。

 

撃つとフックのついたワイヤーが飛び出すワイヤーガンを常備しています。

いつも手帳を持ち歩いており、思考や行動を逐一記録しています。

尋問の際には、相手の指を折るのが習慣です。

 

 

リヴァイは巨人科学の副産物

ジークの話し

「王家だけが知っている伝説の一族・・・
巨人科学の副産物アッカーマン一族と思わしき存在が二人
・・・正直、奴にはもう会いたくありません」

マーレ国はだいぶ前から巨人いついての研究を進めているようです。

 

クルーガーが「道」のことについて詳しかったのも、巨人科学研究学会のおかげだと言っていました。

そして、アッカーマンが巨人科学の副産物ということは、巨人の血、力などが継承されている可能性もあります。

 

 

リヴァイは北欧神話の戦神トール?

北欧神話には、多くの巨人を投げ打ってきたとされる戦神トールという神が存在しています。

トールは父親が最高神のオーディン、母親が大地の化身とされる女神ヨルズです。

そして、トールの父親オーディンは男神ボルと巨人ベストラから生まれています。

オーディンとは神と巨人の血を受け継いだ神と言えます。

ということは戦神トールも巨人の血を受け継いでいることになります。

 

戦神トールは終末戦争ラグナロクにおいて大蛇ヨルムンガンドと戦い、トールは大蛇の頭を砕き、勝利したと言われていますが、同時に猛毒を浴びてしまい、最後に90歩歩いて倒れ、、力尽きてしまいます。

 

 

リヴァイとトールの共通点は?

リヴァイがあ巨人科学の副産物とすれば、巨人の血を受け継いでいると考えることができます。

トールもまた、巨人の血を受け継いでいました。

 

リヴァイは人類最強として描かれています。

リヴァイは巨人を数え切れないほど討伐しています。

戦神トールもまた巨人を多く倒しています。

 

 

そして、トールの最後は大蛇に勝利したものの、猛毒を浴びて死んでいる・・・

リヴァイの最後があるとしたら、敵との戦いには勝ったものの。その後・・・

ということも推測できます。

 

スポンサーリンク




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。